「悪意があってする選手では…」 韓国代表監督、ソン・フンミンの“危険タックル”に言及

韓国代表のパウロ・ベント監督【写真:Getty Images】
韓国代表のパウロ・ベント監督【写真:Getty Images】

「今もしんどい時期を過ごしているだろう」と“心のケア”を強調

 そのうえでパウロ・ベント監督は、「ソン・フンミンの場合、サッカーをしていればあり得ることだ。私が知っているソン・フンミンは、悪意があってそのようなことをする選手ではない。本人もそうだし、すべての選手がしっかりと克服しなければならない。私は最大限にソン・フンミンの力になる」と続けた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 代表戦に向けては「ソン・フンミンの試合出場を調整したり、配慮することは考えていない」と語りつつも、「しかし、今もなおしんどい時期を過ごしていることだろう。対話をしながら慰労と激励をしていきたい」と、指揮官としてサポートしていくと語った。

 ソン・フンミンは韓国代表のエースで、キャプテンでもある。精神面の影響がチーム状況を大きく左右することを、パウロ・ベント監督はよく知っている。だからこそ、“心のケア”をしていかなければいけないことを強調していた。

page1 page2 page3

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング