U17日本、セネガルを1-0で下し、GL首位通過! エース西川潤が途中出場で決勝弾

U-17日本代表が決勝トーナメント進出【写真:Getty Images】
U-17日本代表が決勝トーナメント進出【写真:Getty Images】

後半38分に貴重な先制点をマーク

 U-17ワールドカップ(W杯)がブラジルで開催され、日本代表は現地時間2日にグループリーグ首位通過をかけた第3戦セネガル戦に臨み、1-0で勝利した。第2戦アメリカ戦(0-0)から先発5人を入れ替え。試合開始前に他グループの結果から決勝トーナメント進出が決まっていた日本は、ここまで2勝のセネガルとの直接対決を制して、首位突破を決めた。

 森山佳郎監督率いるD組の日本は、初戦で欧州予選を制覇した優勝候補のオランダを3-0で撃破。来季湘南ベルマーレ加入が内定しているFW若月大和(桐生第一高)が2得点、セレッソ大阪加入が決まっているFW西川潤(桐光学園高)の1ゴールで勝利した。第2戦のアメリカ戦は0-0のドロー。勝ち点4の2位でセネガル戦を迎えた。

 この日は、日本の試合前に他グループの結果により、決勝トーナメント進出が決定。敗れて3位となっても、各組3位の成績上位4チームの中に入ることが決まっていた。そのなかで、先発を5人変更。今大会で躍動している若月、西川の2トップコンビはベンチスタートとなった。

 一進一退のゲーム展開で互いに好機を演出しながらも決め切れず。2トップに入ったMF中野桂太(京都サンガユース)、Jリーグ最年少ハットトリック記録保持者(16歳345日)のFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)を中心に攻撃の形は作りつつあった。前半29分には直前で相手GKと交錯したMF田中聡(湘南ユース)が頭部を負傷して交代。ハプニングに見舞われるなか、0-0で折り返した。

 後半途中から西川、若月が途中出場。すると後半38分、背番号10のエースが魅せた。左サイドでDFラインの裏に抜け出した西川が、左足でニアサイドに決めて先制。このまま試合を終えて首位通過を決めた。

 日本は現地時間6日に決勝トーナメント1回戦を迎える。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング