「正直かなり苦しい」 長谷部誠、フランクフルトの過密日程に本音「本当に綱渡りで…」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

鎌田は過密日程を歓迎 「新しい経験がすごくできている」

 初めての過密日程を戦う日本代表FW鎌田大地も、前向きに捉えている。2-4でボルシアMGに敗れた27日のブンデスリーガ第9節後、ミックスゾーンで力強く言葉を発していた。

「試合が多いことは、僕にとっては嬉しいこと。ヨーロッパの戦いとリーグもあって、ポカールもあって、全部ある状態のなかで新しい経験がすごくできていると思う。いずれ自分が目指しているところでは、こういうスケジュールで試合をしていくチーム。僕としてはプラスに捉えているし、初めてのことなので、身体のこととか試行錯誤しながらやっていかないと、疲れは出てくると思う。今日とか難しいなりに、その時できる自分の最大限のプレーができないとダメだと思うので。いい時ばかりじゃないと思うし、自分で、試合のなかでやっていくことが大事だなと思います」

 もちろん、だからといってこのままで大丈夫なわけではない。疲労が溜まり、大きな怪我が起きないように、クラブとしてもなんらかの措置を考える必要がある。冬の移籍市場で補強をするかどうかが話し合われているそうだが、そもそも12月までこの調子で持つのか。

 どの試合も大事なのは言うまでもないが、いくつかの試合では主力選手を完全に休ませる勇気ある決断も必要になるはずだ。どこに優先順位を置くのか。ヒュッター監督の今後の采配が注目されることになるだろう。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング