「正直かなり苦しい」 長谷部誠、フランクフルトの過密日程に本音「本当に綱渡りで…」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠【写真:Getty Images】

EL予選から続く過酷なスケジュール 長谷部はチーム唯一のリーグ戦フル出場

 フランクフルトが過密日程に苦しんでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 10月30日に行われたDFBカップ2回戦では、元日本代表MF宮市亮が所属するドイツ2部ザンクト・パウリと対戦。序盤にバス・ドストが2得点をあげてこのまま快勝かと思われたが、その後相手の反撃を許してしまう。最終的には上手く凌ぎきって2-1で勝ち進んだが、選手の足取りは重い。

 この試合に先発フル出場した元日本代表MF長谷部誠は、「昨年もやってましたけれど、今シーズンのほうがヨーロッパリーグ(EL)の予選からやっているので、僕らは6試合多いですし、ここの連戦は中2日で4連戦なので。まあ、体力的に結構きついですが、そういうなかでやっぱり勝つことが一番大事だと思う。しんどいはしんどいですけどね」と、正直な心情を吐露していた。

 チーム状態は良いとは言えない。アディ・ヒュッター監督は、昨季と比べたら頻繁にメンバーをローテーションしてはいるものの、出ずっぱりの主力選手には疲れが色濃く見えてきている。そして、負傷者の多さは尋常ではない。ザンクト・パウリ戦ではフィリップ・コスティッチが膝の違和感を訴えて欠場。アンドレ・シウバは治療のためにポルトガルに戻ったが、いつから練習に復帰できるかはまったくもって不明だという。

 そんななか長谷部は、ここまでリーグ9戦に全試合フル出場している唯一の選手。ザンクト・パウリとの一戦でも、結局はローテーションされずにピッチに立ち続けた。

「(ローテーションは)あるんじゃないかなと期待してやってますけれど、今日なんかもね、ヒンティ(マルティン・ヒンターエッガー)がどうなるか分からないし、途中で交代したし。自分は休まず、やらなければいけないかなと思う。

 そういう意味では正直、今はかなり苦しいなかでやってるかなと思っています。次も、リーグ戦でバイエルン。それが終われば中4日と少し空くので、どうにかこの試合を……(乗りきりたい)。バイエルンも今良くないので、どうにかなるホームのパワーを借りて勝ち点3を取りたいなと思う。本当に綱渡りって感じでやってますけど」

 長谷部はそう問題点を指摘していた。

 とはいえ、そのことを言い訳にするつもりもない。「選手としては怪我をしないっていうのも一つの評価なので。そういう意味ではウチのチームは怪我人が多いかなと思う」と、はっきりと言ってみせた。

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」