「とてもポジティブ」 神戸イニエスタも注目の新鋭アタッカーは? 「若いながら…」

バルサ時代について話した神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
バルサ時代について話した神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

母国スペイン紙のインタビューで古巣バルサの16歳FWアンス・ファティに言及

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは母国スペイン紙「マルカ」のロングインタビューに答え、自らの現状などについて大いに語っている。そのなかのテーマの一つとして、下部組織時代から長年所属したバルセロナでの日々、現状についても触れている。

 10代の頃から約20年間にわたって所属したバルサについてイニエスタは「魔法、マジック……最高の夢をかなえることができた。数え切れないほどの試合でプレーしたし、勝つことができたし、勝てたんだ。一言で言えば魔法だったよ」とバルサでの日々を懐かしがるとともに、トレーニングで日々切磋琢磨した2人のワールドクラスについてこうも触れている。

「ほとんどすべてのエピソードが知られているけど、ロナウジーニョとリオネル・メッシとのトレーニングは試合よりもさらに素晴らしかったんだ。彼らと一緒に遊ぶようにプレーして成長できたことはラッキーだったんだ」

 バルサはイニエスタらの退団後、自慢の中盤のゲームメークに陰りを見せているとの評価も多い。それについてイニエスタは「スタイルは常に存在しているけど、上手くいく時もあるし、そうではない時もある。バルサにはずっと普遍的な考え方があるんだ」とバルサイズムは失われていないと見ている。

 その一方で16歳の新鋭アタッカー、FWアンス・ファティの台頭については「とてもポジティブ。若いながらチャンスを得ている。ただし重要なのは彼がそれを活用し切れるかだ。トップチームに定着するのはとても難しい。だからチャンスを得た時を生かし切らないと言えない」とエールを送っている。

 いまだに古巣への愛情を欠かすことはないイニエスタは、日本の地でも熱くバルサを見守っている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング