バルサ、敵地CLスラビア戦後の“汚すぎる”ロッカールームを英紙糾弾 「散乱地獄」

敵地CLスラビア戦後のバルサロッカールームが批判されている【写真:AP】
敵地CLスラビア戦後のバルサロッカールームが批判されている【写真:AP】

ペットボトルやゴミが所狭しと散乱 床や机だけでなく、シャワールームまでも…

 スペイン1部バルセロナは、現地時間23日に敵地で行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でスラビア・プラハ(チェコ)を2-1と下した。試合後、コーチングスタッフが戻る前に、各ポジションのリーダーたちが議論を交わしたとされるが、選手たちによって汚く散らかされたロッカールームがそれ以上に話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルセロナは前半3分にエースのメッシがゴールを決めて幸先よく先制。後半5分に追いつかれたなか、同12分に相手のオウンゴールで勝ち越し、なんとか敵地で勝ち点3を手にした。

 スペインのテレビ番組「エル・チリンギート」は、試合後のロッカールームで各ポジションのリーダーたちが「こんなふうにプレーしていたら、チャンピオンズリーグに勝つことなんかできないよ」などと議論を交わしたと報じていたが、それ以上に注目されているのがバルセロナの選手たちによって散らかされた“汚すぎるロッカールーム”だ。

 英紙「ザ・サン」公式ツイッターは「スラビア・プラハの更衣室を散らかして去ったバルセロナに非難殺到」と、選手たちがスタジアムを後にした際のロッカールームの様子を公開。記事内の写真では、床や机の至るところにペットボトルや戦術シート、ゴミが散乱している。メッシやアントワーヌ・グリーズマンらの名前のラベルが貼られたボトルはほとんどが満杯か半分残った状態で、シャワーエリアも汚れていた。

 同紙はロッカールームの様子を「散乱地獄」と描写するとともに、「バルサのスタッフは床の物を拾うことを悩めなかった」「プラハのスタッフは清掃に何時間も費やした」とバルセロナを糾弾している。

 2018年のロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、日本代表がベルギー代表に逆転負けを喫したなかで綺麗に整理整頓した“美ロッカー”が話題となり、その習慣は世界にも広がりつつあったが、バルセロナのマナーが思わぬ形で浮き彫りとなってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」