ポルト中島翔哉は「監視させるべきタレント」 英紙指摘「技術に疑問の余地はない」

ポルト中島翔哉【写真:Getty Images】
ポルト中島翔哉【写真:Getty Images】

「直近の数試合では左サイドからの攻撃が効果的」として、左SBテレスとともに紹介

 日本代表MF中島翔哉の所属するポルトガル1部ポルトは現地時間24日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節でスコットランド1部レンジャーズと対戦する。スコットランド紙「ヘラルド」は中島をキープレーヤーの1人として挙げ、「監視させるべきタレント」と紹介した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ポルトは今季、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)3次予選でロシア1部クラスノダールに2戦合計スコア3-3ながらアウェーゴールの差で敗れ、ELに参戦。グループステージ第1節ではヤングボーイズに2-1で勝利したものの、第2節ではフェイエノールトに0-2で敗れている。

 そんななか、「ヘラルド」紙はポルトがどのようなシーズンを過ごしているのか、どんな戦い方を採用するのかなど、さまざまな角度から分析。そのなかでキープレーヤーについても論じている。「(レンジャーズの)スティーブン・ジェラード監督が選手たちに監視させるべきタレントが複数存在する」として、主力の名前を挙げていった。

 ポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラ、ブラジル代表DFアレックス・テレスらとともに名前を並べられたのが中島だ。「直近の数試合では左サイドからの攻撃が効果的に見える」として、左サイドバック(SB)のテレスは「良いクロスを供給する」と紹介。さらに左サイドハーフの中島については、次のように言及した。

「1200万ユーロ(約14億円)で今夏に加入した後は一貫性のないスタートとなったが、その技術に疑問の余地はない。直近の国際Aマッチウィークでは、日本代表の一員として2アシストを記録した。スタメンに名を連ねれば、(レンジャーズの右サイドバックである)DFジェームズ・タバーニアの手に余る存在になるかもしれない」

 中島が主にプレーする左サイドはチームのストロングポイントの一つとして認識されており、脅威と考えられているようだ。果たして中島はレンジャーズ戦でスタメンを勝ち取り、攻撃を牽引することができるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も