「崩壊」サラゴサ、下位相手に2連敗 香川にスペイン紙“評価なし”の厳しい採点

サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】
サラゴサMF香川真司【写真:Getty Images】

ホームでミランデスに1-2敗戦 直近7試合で1勝3分3敗の大不振

 スペイン2部サラゴサのMF香川真司は、現地時間20日に行われたミランデス戦で2試合ぶりに先発出場したものの、ゴールやシュートチャンスを生む場面は少なく後半途中に交代。チームも1-2で敗戦した。スペイン紙「AS」からは“評価なし”という厳しい採点を下されている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 4日前の前節フエンラブラダ戦に1-2で敗れるなど、サラゴサは直近6試合で1勝しか挙げられないなど調子を落としている。そのなかで香川は、ミランデス戦で2トップの下に構えるポジションでスターティングメンバーに戻ってきた。しかしホームでの一戦でもチームは低調な出来で、前半22分にミランデスに先制ゴールを許すと、サラゴサはさしたるチャンスを生み出せず。香川のプレーポジションも高い位置を取ることができない時間が続いた。

 後半に入って4-2-3-1にシステム変更したサラゴサは攻撃が改善され、香川も後半14分にミドルシュートを放つなど奮闘したものの、2失点目を喫した9分後の同25分に交代。その後サラゴサは1点を返したものの、前節終了時で20位のミランデス相手に勝ち点を確保することはできなかった。

 開幕直後の好スタートから一転、調子を落としているサラゴサに対して同紙も「昇格プレーオフの位置につけているが、その崩壊ぶりは疑問の余地がない」と見ている。そのなかでも香川に対しては、「ビクトル・フェルナンデス監督はハーフタイム後に中盤の菱形を解体したが、日本人アタッカーのカガワが利益を与える場面はなかった」とトップ下で機能しなかったこと、そして3つ星満点での採点でも「評価なし」という厳しいものに終わっている。

 サラゴサ、香川ともになかなか抜け出せない“負の流れ”。2連敗を喫し直近7試合で1勝3分3敗と失速するなか、浮上のきっかけをつかめるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も