英記者がタジキスタン戦“先発11人”を採点 「相手の恐怖を増大させた」と評した選手は?

MF堂安律はタジキスタン戦でスタメン出場【写真:Noriko NAGANO】
MF堂安律はタジキスタン戦でスタメン出場【写真:Noriko NAGANO】

堂安は「難しい前半のなかで最もクリエイティブな選手に見えた」

【MF】
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ) 7点
タジキスタンを相手陣内に抑え込むカバーリングタックルを何度も決めた。またしても熟練のプレーで、いつも通りの多種多様なパスを供給していた。

橋本拳人(FC東京) 6点
遠藤航のポジションで復帰。堅実で飾り気のないパフォーマンスだった。

堂安 律(PSV) 7点
難しい前半のなかで、日本で最もクリエイティブな選手に見えた。日本がペースをつかんだ後半も堅実なプレーを披露した。

南野拓実(ザルツブルク) 8点
後半の素晴らしいパフォーマンスで、南野は日本に違いを作り出した。前半終了間際に決定機でミスをしながらも2得点。これが彼がゴール前で本物の恐怖になり得ることを示す、始まりになると期待している。

中島翔哉(ポルト) 7点
前半は中島のセットプレーが日本にとって最も得点につながりそうなルートに見えたが、それをチームメートが生かすことができなかった。後半はあまり効果的ではなかった。

【FW】
鎌田大地(フランクフルト) 7点
前半は能力の片鱗を見せ、後半には何度も相手ディフェンスの深い位置へ走り込み、恐怖をさらに増大させた。

page1 page2 page3

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド