英記者がタジキスタン戦“先発11人”を採点 「相手の恐怖を増大させた」と評した選手は?

タジキスタン戦は3-0で完封勝利【写真:AP】
タジキスタン戦は3-0で完封勝利【写真:AP】

2ゴールの南野に単独最高点 「ゴール前で本物の恐怖になり得ることを期待」

 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の第3戦でタジキスタンとアウェーで対戦し、3-0で勝利した。

 慣れない人工芝のピッチでの戦いに苦戦しながらも、きっちりと勝利を手にした日本代表を、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏はどのように見たのか。スタメン出場した11選手を10点満点で採点。FW三浦知良(横浜FC)以来26年ぶりとなるW杯予選開幕から3試合連続ゴールを決めたMF南野拓実(ザルツブルク)に、チーム最高評価を与えている。

   ◇   ◇   ◇

タジキスタン戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
権田修一(ポルティモネンセ) 7点
同点で迎えた前半途中に(イーソン・)パンシャンベのシュートを機敏な動きでセーブしたが、それ以外は穏やかな夜を過ごした。

【DF】
酒井宏樹(マルセイユ) 7点
タジキスタンのウインガーの脅威の前に非常に控えめな前半になった。後半はより前線まで攻め上がり、低い完璧なクロスで南野の2点目をお膳立てした。

植田直通(セルクル・ブルージュ) 6点
パンシャンベがゴールに迫っていた場面で、その姿はどこにも見当たらなかった。権田のファインセーブで恥ずかしい思いをせずに済んだ。ただし、それ以外は安定した夜だった。

吉田麻也(サウサンプトン) 7点
日本のキャプテンには守備面での不安はほとんどなく、前半にあったチャンスで得点を決めることができたと感じていたはずだ。後半にはアリシェル・ジャリロフを止める素晴らしいリカバリーがあった。

長友佑都(ガラタサライ) 6点
比較的穏やかだった左サイドで堅実な仕事を果たしたが、彼が好むアタッキングサードでの攻撃参加はできず。効果的なプレーは少なかった。

page1 page2 page3

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」