森保監督、W杯予選3連勝後に台風19号の被災者へメッセージ 選手は「強い気持ちを見せた」

森保一監督【写真:Yukihito Taguchi】
森保一監督【写真:Yukihito Taguchi】

アウェーで苦しみながらも…タジキスタンに3-0と勝利

 苦しんだアウェーマッチでの勝ち点3に、森保一監督も手応えを感じながらも課題を口にした。2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦、日本は好調のMF南野拓実(ザルツブルク)の2ゴールで2-0と勝利した。試合後は、台風19号の被災者に向けたメッセージも発した

 モンゴル相手に6-0と大勝した一戦から一転、この日は鋭い出足と激しい球際のタジキスタンに苦しめられ、カウンターからあわや先制点を献上という場面も作られた。それでもGK権田修一(ポルティモネンセ)のビッグセーブで、前半を0-0で折り返した。

 すると後半に入って8分、10分と南野が素晴らしい動き出しからの連続ゴールで2得点をゲット。その後もタジキスタンの必死の攻撃に危うい場面も作られたが、後半37分にはDF酒井宏樹(マルセイユ)のクロスにFW浅野拓磨(パルチザン)が合わせてダメ押しゴールを奪い、W杯予選3連勝となった。

「このアウェーの地で選手たちが、そう簡単な戦いにならないだろうと考えてよく戦ってくれたと思います。選手たちも被災地・被災者の励ましになるプレーを届けること、応援している方に勝利を届けるという強い気持ちを見せて戦ってくれたと思います」

 このように話した森保監督。厳しい戦いでも強く勝ちきる姿勢を見せた90分間だった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」