森保ジャパンが敵地タジキスタンで初練習 吉田と長友はホテルでコンディション調整

タジキスタンでの日本代表の様子【写真:Football ZONE web】
タジキスタンでの日本代表の様子【写真:Football ZONE web】

15日のタジキスタン戦に向けて現地で初練習 久保の登場時には「クボ、クボ」の声も

 森保一監督率いる日本代表は現地時間12日、15日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のタジキスタン戦(ドゥシャンベ)に向けて、現地で初練習を行った。日本出発前に負傷したDF冨安健洋(ボローニャ)に代わって招集されたDF室屋成(FC東京)が合流した一方で、モンゴル戦に出場したDF吉田麻也(サウサンプトン)とDF長友佑都(ガラタサライ)はホテルでコンディション調整となった。

 10日にホームで行われたカタールW杯アジア2次予選モンゴル戦に6-0で快勝した森保ジャパンは、試合終了間際に左足太ももを痛めた冨安が怪我で離脱。代わって室屋を招集し、敵地タジキスタンへ向かった。

 タジキスタンの首都ドゥシャンベに現地時間11日深夜前に到着したという一行は、12日の16時半からタジキスタン戦の会場となるリパブリカン・セントラル・スタジアムで練習を行った。

 モンゴル戦のスタメン組となるDF酒井宏樹(マルセイユ)、MF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF中島翔哉(ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF伊東純也(ヘンク)、FW永井謙佑(FC東京)は別メニューで軽めの調整。長友と吉田はホテルでのコンディション調整のため、練習会場には姿を現さなかった。日本サッカー協会関係者によれば、怪我などではなく、3日後のタジキスタン戦に向けても問題はなさそうだ。

 GK3人、その他フィールドプレーヤー11人は通常メニューでスタート。選手たちが会場入りする際には現地の観衆から「クボ、クボ」と声も上がり、18歳のMF久保建英(マジョルカ)の注目度の高さをうかがわせた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も