メッシが本音? C・ロナウド移籍に胸中吐露 「マドリードで続けてほしかった」

ユベントスFWのC・ロナウド(左)とバルセロナFWのリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
ユベントスFWのC・ロナウド(左)とバルセロナFWのリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

ロナウドのユベントス移籍の影響に言及 「クリスティアーノの損失を感じたのは明らか」

 10数年にわたってサッカー界の頂点に君臨し続けているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、スペインのラジオ局「RAC1」のインタビューで、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。長年にわたるライバルに、「マドリードで続けてほしかった」と明かしている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じた。

 メッシは2009年にバロンドールを受賞して以降、これまでに同賞を5回受賞。それ以外にも多くの個人賞を獲得している。一方のロナウドは、マンチェスター・ユナイテッド所属時代の2008年にバロンドールを初受賞し、メッシと同様にこれまでに5回も受賞している。ロナウドが2009年にレアル・マドリードへ移籍したことをきっかけに2人のライバル関係は強まり、2017年までの同賞を2人で独占してきた。

 10年近くにわたってチームでも個人でもメッシのライバルだったロナウドは、昨季にレアルを退団。イタリアのユベントスへと移籍してしまった。スペインから離れてしまったロナウドについて、メッシがその思いを明かしている。

「彼にはマドリードで続けてほしかった。ライバル関係はプラスに働いていたし、クラシコでもプラスになっていた」

 ロナウドが去ったことを寂しく感じている様子を見せたメッシは、クラブ間でライバル関係にあるレアルについても語っている。

「彼らには良い選手がいるので、シーズン終盤には上位にくると思っていた。だけど、クリスティアーノの損失を感じたのは明らかだった」

 レアルについてコメントしたメッシだったが、ここでもロナウドの存在の大きさを語ることになった。2人は良きライバル関係を築き上げ、ハイレベルな切磋琢磨を続けてきたからこそ、現在の地位があると言っても過言ではない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング