メッシ、“キング”ペレの大記録に肉薄 45年間破られない記録更新にスペイン紙も注目

ゴールを量産するメッシ【写真:AP】
ゴールを量産するメッシ【写真:AP】

サントスで643ゴールを挙げたペレの記録まで残り39ゴール

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のセビージャ戦で直接FKを決めて、4-0の勝利に貢献した。このゴールでバルセロナでの通算ゴール数を604としたメッシは、元ブラジル代表FWペレ氏の偉大な記録に迫っているとスペイン紙「AS」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ペレ氏は18年間在籍したサントスで、計643ゴールを記録してきた。この一つクラブで記録したゴール数は更新不可能とされていたが、メッシがその記録に近づいている。

 メッシ以前に、3度のワールドカップ(W杯)優勝を誇るペレの記録を脅かしたのは、元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏だ。1956年から74年までサントスでプレーしたペレ氏に対し、ミュラー氏は1964年から79年まで在籍したバイエルン・ミュンヘンで565ゴールを記録している。

 バルセロナ一筋のメッシは、セビージャ戦で今季初ゴールを挙げ、クラブでの通算ゴール数を604に伸ばした。ペレの記録までは39得点に迫ったメッシは、ここ10年間にわたって年間40得点以上を決め続けている。このため、45年間破られることのなかった記録の更新が現実味を帯びてきている。

 2004年にバルセロナでデビューし、セビージャ戦で通算691試合目の出場を果たしたメッシは、リーグ戦で420得点、UEFAチャンピオンズリーグで112得点、国王杯で51得点、スペイン・スーパーカップで13得点、クラブW杯で5得点、そしてUEFAスーパーカップでも3得点を決めている。世界中の注目を集め続けるメッシだが、今季はそのゴールがよりクローズアップされそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】