堂安律、強豪PSVから日本代表に“還元”できることは? 「『すげえな』と思った瞬間は…」

日本代表MF堂安律【写真:Football ZONE web】
日本代表MF堂安律【写真:Football ZONE web】

格下と言われる相手を崩せなくても、まったく焦らないメンタリティーに言及

 日本代表は8日、さいたま市内でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(10日/埼玉)と、タジキスタン戦(15日/ドゥシャンベ)に向けた練習を行った。今夏、オランダ1部の強豪PSVに移籍したMF堂安律は、所属クラブと代表での共通点に言及。「しっかりと還元していけたら」と意気込みを語っている。

 今夏、リーグ開幕後にオランダ1部フローニンゲンからPSVに完全移籍を果たした堂安は、第4節の古巣フローニンゲン戦(3-1)で初先発を飾ると、第8節PECズウォレ戦(4-0)での移籍後初得点を経て、直近の第9節VVVフェンロ戦(4-1)でも先発出場。チーム内での存在感を高めている。

 そのなかで、堂安がPSVから日本代表に還元できると考えているのが、“勝たなければいけない”という状況下でのメンタリティーだ。国内屈指の名門であるPSVは「格下と言われる相手に勝たなくてはいけない試合が多い」という環境だが、「そこで勝ち抜く、勝ち点3をしっかり取るという難しさを感じています」とも吐露。一方で、チームメートのメンタリティーには感銘を受けたという。

「PSVで年下の選手に『すげえな』と思った瞬間は、この前のフェンロ戦では(0-0で迎えた)ハーフタイムにまったく焦る声がなかった。『相手は必ず来るよ』という声が多いですし、監督を含めて経験豊富な選手が多いので、チームに余裕がありますね。焦っていない」

 オランダ国内でのPSVと、アジアでの日本代表は、勝利が義務付けられているシチュエーションが多いという点で、共通点も多い。堂安もそれは自覚しており、「代表にもつながると思うので、しっかりと還元していけたらなと思います」と経験を日本代表にも落とし込んでいくつもりだ。

 モンゴル戦をはじめとしたアジアでの戦いでは、「引いた相手が予想される」と堂安も見ている。崩していくために前半からトライしつつ、すぐには打ち破れなくても焦ることなく、90分で勝つメンタリティーの重要性を説いた。

「もちろん前半から大量得点できれば自分たちの理想ですけど、理想どおりにいかないのがアジア予選。そういうメンタルは常に(頭の)片隅に持ちながらやりたいなと思います」

 強豪クラブの選手たちが持つメンタリティーに触発され、自身でも体現しようとする堂安は、プレー以外でもキーマンになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】