C・ロナウド、高速の3連続テクニック炸裂に海外驚愕 「親友のボールと遊んでいる」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

バー直撃シュートやゴール取り消しでインテルとの“イタリア・ダービー”は無得点も…

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間6日に行われたインテルとの“イタリア・ダービー”でフル出場し、2-1の勝利に貢献した。ゴールやアシストこそ生まれなかったが、前半途中には目にもとまらぬ連続フェイントで会場を沸かし、海外メディアも「親友のボールと遊んでいる」「驚くプレー」と報じている。

 アウェーのユベントスは前半4分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの縦パスに抜け出したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、相手マークに付かれながらも左足を振り抜いて電光石火の先制点を奪った。

 さらに前半9分、最終ラインからのロングボールに抜け出したロナウドが左サイドからカットイン。インテルのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンをあっさりとかわすと、シュートコースを塞いで体を張ったオランダ代表DFステファン・デ・フライもフェイントで置き去りにして右足を一閃。背後からのイタリア代表MFステファノ・センシのタックルも追いつかないスピードで放たれた強烈なシュートは、惜しくもクロスバーを叩いた。

 ロナウドは同点に追いつかれて迎えた前半41分にディバラとの連係でネットを揺らすも、ディバラがオフサイドだったとしてノーゴール判定。後半35分に途中出場のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが決勝点をマークしてインテルに勝利したが、ロナウド自身は無得点に終わった。それでも、華麗なテクニックで沸かせたシーンに海外メディアも注目している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング