ドルトムントSD、大躍進サンチョの将来に言及 「あと5年ここにいることはないだろう」

ドルトムントで大躍進を遂げるMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】
ドルトムントで大躍進を遂げるMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】

イングランド代表MFサンチョを評価するツォルク氏 「彼は良い成長を遂げた」

 ドルトムントでスポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は、2017年の加入から大躍進を遂げているイングランド代表MFジェイドン・サンチョについて、「あと5年ここにいることはないだろう」と述べている。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 マンチェスター・シティの下部組織で育ったサンチョは、2017年にU-17欧州選手権で準優勝して大会MVPを獲得。同年のU-17ワールドカップではイングランドを優勝に導いた。17歳でドルトムントへ移籍したことで成長速度はさらに加速し、一気にスターダムの階段を駆け上がった。

 サンチョはドルトムントに加入した2017年からトップチームで64試合に出場し、18ゴール29アシストを記録。プレミアリーグなど、ヨーロッパの強豪クラブも同選手に関心を示しており、マンチェスター・ユナイテッドも19歳のワンダーキッドに強い関心を寄せていると、大々的に報じられていた。

 ツォルク氏はドイツ誌「キッカー」のインタビューで、サンチョの将来について「何も決定していない」としたうえで、このように語っている。

「だが、彼がここであと5年プレーすることがないのは、予測するまでもないだろう。彼は(ドルトムントで)良い成長を遂げた。きっとイングランドのトップクラブでは、そうなることはなかったと思う。我々は非常に早い段階で選手らを信頼し、彼らをプレーさせることを恐れていない。彼はそれを分かっている」

 そして、サンチョを「天性のフットボーラーであり、ストリートフットボーラー」と表現。「彼はいつも新しい限界を設定し、満足することはない。上手に、美しく、サッカーをしたいと思っている。それこそが彼のモチベーションだ」と評価するツォルク氏。果たして、いつまでドルトムントでのプレーを見られるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」