ボカ女子会長、男子チームのイブラ獲得の可能性示唆 「彼を買う贅沢の余裕もある」

イブラのアルゼンチン行きは実現するのだろうか【写真:Getty Images】
イブラのアルゼンチン行きは実現するのだろうか【写真:Getty Images】

アンロ氏は「我々が彼を連れて行ける立場にあるのは事実だ」と主張

 アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニアーズの女子チームの会長を務めるホルヘ・アンロ氏は、米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがボカに興味を持っていると主張。「イブラヒモビッチがボカでプレーしたいのは事実であり、我々が彼を連れて行ける立場にあるのは事実だ」と獲得を諦めていないと明かした。スペイン紙「AS」が報じている。

 最近の報道によると、MLSでプレーを続けるイブラヒモビッチは現状に変化を求めており、彼の代理人であるミノ・ライオラ氏はボカに対してイブラヒモビッチの獲得を提案したという。このニュースは一度スウェーデンの代理人よって否定されていたが、ボカの女子チームの会長を務めるアンロ氏がこの報道が正しいと主張。ズラタンが移籍する可能性を秘めており、ボカ側も獲得の資金を有していると明かしている。

 アルゼンチンラジオ局「Mundo Boca Radio」のインタビューに応じたアンロ氏は、「イブラヒモビッチがボカでプレーしたいのは事実であり、我々が彼を連れて行ける立場にあるのは事実だ」と主張し、現状を説明している。

「クラブは組織として非常に良い時期を迎えている。経済的にも良い状況にあり、彼を買うような贅沢の余裕もある。だからズラタンの契約金を支払うことができるだろう」

 クラブの経済状況が向上している今だからこそ、イブラヒモビッチの獲得も不可能ではないと言うアンロ氏。ズラタンのアルゼンチン行きは実現するのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング