元浦和のオリヴェイラ監督、母国の名門フルミネンセも解任 わずか1カ月強で政権終了

オリヴェイラ氏は、フルミネンセの監督に途中就任していたが9月27日に早くも解任となった【写真:Getty Images】
オリヴェイラ氏は、フルミネンセの監督に途中就任していたが9月27日に早くも解任となった【写真:Getty Images】

4カ月の間に浦和、フルミネンセで監督職を失う厳しい事態に…

 今年5月に浦和レッズの監督を契約解除となったオズワルド・オリヴェイラ氏は、現地時間8月21日に母国ブラジルの名門フルミネンセの監督に途中就任していたが、9月27日に早くも解任となった。

 フルミネンセ公式サイトは27日、オリヴェイラ監督の解任を発表。当面の後任にはアシスタントコーチとU-20チームのテクニカルコーディネーターがあたるという。

 オリヴェイラ氏は2018年4月に浦和の監督に途中就任すると、天皇杯を優勝に導いて今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得するに至った。しかし、今季はキャンプ中にトレーニングマッチを1試合しか組まないなど“オズ流”の調整方法が噛み合わなかった感が否めず、ACLはグループステージを突破したものの、リーグ戦の不振で契約解除となっていた。

 その後、名門フルミネンセにキャリア3度目の就任をしていたが、政権はわずか1カ月強で終了。4カ月の間に二つのクラブの監督職を失うという厳しい事態になってしまった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング