アルゼンチン代表FWが告白、C・ロナウドの“レアル時代からの変化” 「人として…」

ユベントスで共に戦うC・ロナウドとイグアイン【写真:Getty Images】
ユベントスで共に戦うC・ロナウドとイグアイン【写真:Getty Images】

ユベントスに加入のFWイグアイン、再タッグを組むロナウドについて言及

 今シーズン、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、プレミアリーグのチェルシーから、セリエAのユベントスへ復帰。そこで彼は6シーズン以上前に、スペインのレアル・マドリードで一緒にプレーしていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと再びプレーをすることとなった。世界に名を轟かす両FWだが、イグアインはロナウドに以前との違いを感じているようだ。スペイン紙「AS」が報じている。

 イグアインにとって、再びロナウドとプレーできることは喜びだという。2013年まで4年にわたってレアルでロナウドとプレーしていたイグアインは、ポルトガル人ストライカーが成熟した人間になったと感じているようだ。

「僕がスペインで彼と一緒にプレーしていた頃から、多くの年月が過ぎた。今、僕は以前とは異なる選手、より成熟した人間、家族のいる彼を見つけたよ。もう一度、彼とプレーできることが嬉しいんだ」

 長い期間、欧州でプレーしているイグアインは、自身がキャリアを歩み始めたアルゼンチンのリバープレートに復帰する可能性も除外しなかった。31歳のストライカーは、「今年と来年は、ユベントスとの契約がある。でも、あらゆる可能性に対してドアを閉ざしていない。(リバープレートには)素晴らしい監督がいて、とても慕っているチームメートも何人かいるよ。リーベルの人たちは、いつも僕に良くしてくれる。でも今、僕は現在のことに集中しているし、イタリアのサッカーを楽しんでいるよ」と、契約を全うする考えを示している。

 昨季、チェルシーでは結果を残すことのできなかったイグアイン。現在もバロンドール候補に挙がるなど、変わらずに活躍を続けるロナウドの隣で、今季は本来の得点力を示すことができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング