リバプール、来季からユニフォーム変更? 現行サプライヤーが訴訟準備の事態に発展か

現リバプールのユニフォームを着るサラー【写真:Getty Images】
現リバプールのユニフォームを着るサラー【写真:Getty Images】

ナイキ社と最大143億円の契約に、現サプライヤーのニューバランス社が訴訟準備と報道

 現在ニューバランス社からユニフォームの提供を受けているリバプールは、来季からオフィシャルサプライヤーを変更するようだ。その契約はプレミアリーグで最高額となるというが、ニューバランス社は契約更新のプロセスに問題があったと法廷での闘争も辞さない構えだと、米スポーツ専門メディア「ザ・アスレティック」の記事を引用して、衛星放送「ユーロ・スポーツ」が報じている。

 リバプールはニューバランス社と年間4500万ポンド(約60億円)で契約しているとされるが、今季いっぱいでその契約を終了させ、2020-21シーズンからはナイキ社のスポンサードを受ける動きがあるようだ。

 リバプールとナイキ社の契約は、年間9800万〜1億700万ポンド(約131億〜143億円)になるという。現在、マンチェスター・ユナイテッドはアディダス社と年間7500万ポンド(約100億円)、マンチェスター・シティはプーマ社と年間6500万ポンド(約87億円)で契約していて、プレミアリーグでトップクラスの契約額。リバプールとナイキ社の契約が成立すれば、マンチェスター勢を大きく上回るビッグディールとなる。

 しかし、話がスムーズには進んでいないようだ。記事によれば、リバプールの広報は「我々のキットサプライヤーであるニューバランス社が、クラブに対して訴訟する手続きを準備し始めたことを確認した」と言及。一方のニューバランス社は、「現契約に沿って、我々はナイキ社からの提案と同じ条件を提示した。しかし、契約更新におけるプロセスの一部で契約の要素に関して疑問を投げかけてきたので、我々は裁判にて明らかにしようと考えている」と話しているという。

 来季リバプールはどのようなユニフォームを着用するのか。事態は大きな展開を迎えようとしている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング