ブレーメン大迫、技ありの“カットイン弾”が海外選出「ブンデス今節TOP5ゴール」入り

ブレーメンのFW大迫勇也【写真:Getty Images】
ブレーメンのFW大迫勇也【写真:Getty Images】

1点ビハインドの状況から鮮やかな個人技でゴールをこじ開ける

 ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は、現地時間24日のブンデスリーガ第2節ホッフェンハイム戦(2-3)で今季初ゴールをマーク。味方の縦パスからドリブルで持ち込み、ネットを揺らした一撃を、海外メディアがブンデスリーガ第2節の“トップ5ゴール”に選出している。

 前半42分に先制したブレーメンだったが、後半9分、14分と立て続けに失点して逆転を許す。そしてビハインドを背負ったまま迎えた後半36分だった。

 パスカットしたオランダ代表MFデイヴィ・クラーセンの縦パスを受けた大迫は、ペナルティーアーク左から中央へ持ち出し、相手のスライディングを回避。そのまま右足を振り抜き、強烈なグラウンダーの一撃で狭いニアサイドのゴールネットを揺らした。

 今季初得点を決めた大迫はガッツポーズを決めながら咆哮。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、大迫のゴールをブンデス第2節のトップ5ゴールに選出している。

「日本代表の大迫勇也はホッフェンハイム戦でシーズン初ゴールを挙げた。彼は熟練のショットを放った」

 力強いポストプレーやヘディングを武器とする大迫。カットインからのゴールは海外メディアにも強烈なインパクトを与えたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング