「そこで倒れていればいいのに」それでも立ち上がる男 トーレスが世界で愛された理由

現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】
現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】

トーレスが神戸戦で現役引退 1-6の惨敗も晴れやかな表情

 最も愛されるストライカーとは、一体どのような選手なのだろうか。もちろん、この問いに明確な答えはない。ただ一つ言えるのは、最も得点を決めるストライカーが、最も愛されるストライカーであるとは限らないということだ。

 誰でも決められるような決定機を外し、スタンドにため息をもたらした直後、信じられないようなスーパーゴールで一気にスタジアムに熱狂の渦を巻き起こす。キャリアを通じてファンやチームメートに愛され続けたフェルナンド・トーレスとは、まさにそういう選手だった。

 トーレスは、自分へのパスがミスに終わったとしても、味方に対し決して不満を見せることがない。力強く手を叩き、パスミスをしたチームメートを励ます姿をよく見せてきた。逆にミスでなくとも、消極的なバックパスや横パスをした際には、トーレスは怒りのジェスチャーを示す。チャレンジしないことを責める姿勢は一貫していた。ピッチに立つトーレスを目で追うだけで、勝利への信念はひしひしと伝わってくる。

 23日に行われたJ1第24節ヴィッセル神戸戦は、トーレスにとって現役ラストマッチとなった。結果は1-6の惨敗。最高の花道を飾ることはできなかった。でも、それがトーレスの心を楽にしたのかもしれない。もし仮に、この試合で爆発していれば、多少なりとも未練が芽生えていた可能性もある。実際、あの負けず嫌いで有名なトーレスが、試合終了後は晴れやかな表情を見せていた。

 試合終盤、数的有利のチャンスの場面で同僚のFW金崎夢生がシュートを選択し、枠外に。トーレスは良いポジション取りをしており、パスを出せば決定機という局面だったが、金崎の選択に不満を一切見せることなく、その積極的な姿勢にいつもの如く力強く拍手を送っていた。90分間、絶えず最終ラインにハイプレスをかけ続けたトーレスは、最終的には不発に終わり、キャリアの終幕の瞬間を迎えた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング