鳥栖トーレス、引退試合は悲劇の1-6惨敗… 神戸は盟友イニエスタが躍動も負傷交代

現役ラストマッチの神戸戦で先発フル出場したトーレス、イニエスタは3得点に絡む活躍【写真:Noriko NAGANO】
現役ラストマッチの神戸戦で先発フル出場したトーレス、イニエスタは3得点に絡む活躍【写真:Noriko NAGANO】

現役ラストマッチの神戸戦で先発フル出場 イニエスタは3得点に絡む活躍

 J1サガン鳥栖は23日、リーグ第24節でヴィッセル神戸をホームに迎え、1-6の敗戦を喫した。この試合を最後に現役生活に別れを告げる元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは先発フル出場。

 キャプテンマークを身に着けて出場したトーレスは、FWイサーク・クエンカと2トップを形成。対する神戸はスペイン代表時代の盟友MFアンドレス・イニエスタが先発出場しており、現役ラストマッチでの“共演”が実現した。

 序盤こそ一進一退の攻防が続いていたが、前半11分に神戸MF山口蛍にゴールを奪われて先制を許すと、同20分にもFW古橋亨梧に奪われたPKをイニエスタに決められて2点差。さらに同22分にはイニエスタのロングパスから古橋に抜け出され、最後はFW田中順也が左足で豪快な一撃を突き刺され3点のビハインドを背負うことになった。

 前半終了間際にイニエスタが負傷交代となったものの、後半も神戸が優位な展開は変わらず、鳥栖とトーレスにとっては我慢の時間帯が続く。後半9分には今夏から神戸に加入した元日本代表DF酒井高徳のピンポイントクロスから古橋に4点目を叩き込まれ、敗色濃厚となってしまう。

 それでも諦めないトーレスは後半12分、神戸GK飯倉大樹へのプレッシャーでボールを奪い、途中出場のFW小野裕二に決定的なシュートチャンスを供給。しかし無人のゴールへのシュートは枠を外してしまった。

 点差が広がったことで神戸は重心がやや後ろに下がり、鳥栖がボールを握る時間帯が増えていく。後半18分にはMF金森健志のシュートのこぼれ球にトーレスが反応し、左足でのボレーシュートを放ったが、枠を捉えられない。すると同28分、神戸のワンタッチのパスワークで守備網を崩され、最後は古橋に決められて5失点目を喫した。

 後半34分にコーナーキックからMF金井貢史が決めて1点を返したものの、大きく状況を変えるには至らず。終盤にはカウンターから山口にダメ押しの1点を叩き込まれ、1-6で試合終了。鳥栖はトーレスの引退に勝利で華を添えることはできなかった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング