韓国メディア、レアル久保建英の“1軍消滅”と報道 トップでは「フィジカル的に限界」

トップチームでの背番号が与えられなかったレアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】
トップチームでの背番号が与えられなかったレアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】

トップチームの背番号発表を受けて反応 イ・ガンインとの比較も…

 レアル・マドリードが2019-20シーズンのトップチームの背番号を9日に発表し、フベニールA(U-19)で選手登録され、カスティージャ(レアルB)が主戦場になると見られる日本代表MF久保建英には、トップチームの背番号が与えられなかった。一方、久保とともに今夏に加入したブラジル人FWロドリゴは27番に決まった。

 この発表を受けて、韓国のスポーツ・芸能総合サイト「スポータルコリア」は次のように報じている。

「今夏の移籍市場でレアルに移籍した久保は、プレシーズンに同行しトップチーム昇格の可能性があったが、現実は冷静だった。久保はプレシーズンの試合で姿を見せた。柔らかいボールタッチとパス、連係はある程度のレベルにあったが、トップチームの舞台ではフィジカル的に限界があるようだった」と、久保がある程度の結果を残しつつも、フィジカルに物足りなさがあったと伝えている。

 また、「ロドリゴにトップチームの背番号が与えられたことで、久保の1軍行きは自然と消滅した」と報じている。現時点では久保が今季、カスティージャの一員としてセグンダB(スペイン3部)で戦うのか、バジャドリードに期限付き移籍しリーガ・エスパニョーラの舞台で戦うのかは正式に決まっていない。

 最後に同サイトは「久保は同年代のイ・ガンインがバレンシアで認められた後、トップチームに昇格したのとは対照的だ」と、今年のU-20ワールドカップで大会MVP(ゴールデンボール)を獲得したイ・ガンインが、バレンシアのカンテラ(下部組織)からステップアップした姿と比較して締めくくっている。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング