神戸イニエスタ、「怒った」決定的瞬間にスペイン衝撃 「日本は彼の隠れた一面を目撃」

神戸のMFイニエスタ【写真:Getty Images】
神戸のMFイニエスタ【写真:Getty Images】

大分DF岩田と競り合い、イニエスタが左手を突き出して応戦し一触即発

 ヴィッセル神戸は10日のJ1リーグ第22節、敵地での大分トリニータ戦で1-1と引き分けて15位と苦戦が続く。低迷するチームにあって、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが「怒った」と母国スペインメディアも衝撃を受ける場面が起きた。

 試合は前半32分、イニエスタの好プレーが先制ゴールを呼び込む。敵陣でイニエスタがドリブルを仕掛けて守備網を突破し、相手ペナルティーエリア手前まで侵入して横パス。これを受けたFW古橋亨梧が巧みな反転から豪快な右足シュートを叩き込むと、キャプテンマークを巻いたイニエスタも両腕を突き上げてガッツポーズを披露している。

 しかし後半3分、自陣でボールを奪われた神戸は速攻を食らい、相手FWオナイウ阿道に被弾。1-1のまま終盤までもつれ込み、後半41分のワンプレーが注目を集めている。

 大分の日本代表DF岩田智輝が右サイドでボールをキープした際、イニエスタがマーク。ボール奪取を図るイニエスタが岩田の背後から足を伸ばしたが、勢い余って岩田の足ごとキックする形となった。苦悶の表情を浮かべた岩田は、ファウルをアピールするようにボールを抱え込みながら倒れたが、すぐさま再開すべく立ち上がる。

 ところが、密着マークしていたイニエスタの勢いは止まらず、そのまま岩田と再接触。これに感情をむき出しにした岩田が詰め寄ると、イニエスタも左手を突き出して岩田を小突き応戦。その場はあわやもみ合いという一触即発のムードが漂った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング