レアル“構想外”のベイル、バイエルン移籍の噂が再燃も…20億円の高額年俸が障害に?

ベイルにはバイエルン移籍の噂が再燃している【写真:AP】
ベイルにはバイエルン移籍の噂が再燃している【写真:AP】

トップターゲットだったシティMFサネの負傷で補強プランが狂う

 レアル・マドリードでジネディーヌ・ジダン監督の“構想外”とされ、去就が注目されているウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて、バイエルンが再び獲得に乗り出したという噂が浮上した。ドイツメディア「sport.de」が、スペインメディアの情報として報じている。

 元オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリーが昨季限りで去ったバイエルンは両翼の後継者を探しており、これまでにも何度かベイルをリストアップしているとの噂があった。しかし先日、衛星放送「スカイ」が、バイエルンはベイルから手を引いたと報道。同選手のドイツ行きはなくなったものと思われた。

 ところがスペインテレビ「テレマドリード」によると、事情が変わり、バイエルンが再びベイル獲得の可能性を探ることになったという。その事情とは、同クラブの今夏補強ターゲットのナンバーワンだったマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・サネの負傷だ。現地時間4日に行われたコミュニティー・シールドで右膝前十字靭帯損傷の重傷を負った同選手は、長くて来年3月まで離脱すると目されており、バイエルンとしては計算が狂った格好となった。

 そこで再浮上したのが、ベイル獲得というプランのようだ。バイエルンは完全移籍のオプション付きでの期限付き移籍を求めているようで、これは以前、レアルからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを2年間のレンタルで獲得した時と同じ形となる。ハメスのディールでレアルと良い関係を築いているバイエルンは、今回も同様のパターンを選択する見込みだという。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング