ベルギー代表FWルカク、マンUが罰金処分へ 移籍問題が浮上するなか古巣で無断練習

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク【写真:Getty Images】

インテルやユベントスと交渉も合意ならず 古巣アンデルレヒトでの練習が問題に

 マンチェスター・ユナイテッドは無許可でチームから離脱していたベルギー代表FWロメル・ルカクに罰金処分を下すことになった。英公共放送局「BBC」が報じている。

 今夏の移籍問題が浮上しているルカク。インテルやユベントスとの交渉が伝えられてきたが、いずれも条件面で合意できず、移籍は決まっていない。負傷の影響もあってここまでプレシーズンマッチにも出場していないルカクはチーム練習から離脱し、ここ2日間は古巣アンデルレヒトで練習を行っていたという。

 しかし、これはユナイテッドから許可を得ていなかったようで、クラブから罰金処分が下されるようだ。

 移籍問題に揺れるルカクはこのまま残留となるのか。イングランド国内の移籍マーケットはシーズン開幕前に設定されているため、現地時間8日17時でクローズとなる。しかし、イタリアやスペイン、ドイツ、フランスなどは現地時間9月2日(今年は8月31日が土曜日のため)まで選手獲得が可能だ。

 イタリアでのプレー希望を公言しているルカクは、その望みを叶えることはできるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング