新天地が決まらないモウリーニョ、オファー“拒否”の理由を告白 「ノーと言うのは難しい」

現在フリーのモウリーニョ氏【写真:Getty Images】
現在フリーのモウリーニョ氏【写真:Getty Images】

ニューカッスルや広州恒大から打診も…

 昨年末にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を退任したジョゼ・モウリーニョ氏は、今も“ふさわしいクラブ”からのオファーを待っている状態だとしつつも、復帰に向けて情熱にあふれていると語っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 昨年12月にユナイテッドを退任してから約8カ月が経つモウリーニョ氏。その間にもプレミアリーグ・ニューカッスルの関心や、中国1部広州恒大からの巨額オファーも伝えられていたが、これらの打診は拒否したという。現在はピッチの上ではなく、故郷ポルトガルのセトゥバルで過ごす同氏が「スカイ・スポーツ」の独占インタビューに応じた。

 フリーの状態が続いているモウリーニョ氏は、「考える時間を持つというのは、これが実質初めてだ」と言い、「私のサッカーが恋しい」と指導者としての“新天地”を求めているようだ。だが、新たなクラブの決定には慎重な姿勢を貫いており、適切なクラブからのオファーを待っている状況だ。

「私にとって、可能性のあるものに対して『ノー』と言うのは一番難しいことだ。自分のなかに、仕事をしたいという衝動に駆られている部分がある。だから仕事をするチャンスがあれば『よし、やろう』と言いたいんだ。『ノー』と言うのは、本当に、本当に難しいこと」

 成績不振でユナイテッドを解任されたモウリーニョ氏だが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を3回も制するなど実績は十分。多くのチームから引く手数多となっていた。そのなかでも広州恒大は年俸2800万ポンド(約37憶円)など破格オファーを提示していた。このような条件でも指揮官を引き受けなかった理由をこう語っている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング