横浜FM粉砕の“火の玉弾”! デ・ブライネの衝撃ゴール反響拡大「Xファクター」「爆弾」

マンチェスター・シティMFデ・ブライネ【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティMFデ・ブライネ【写真:Getty Images】

B・シウバのパスを受けると、華麗なフェイントから左足を振り抜いて先制弾を叩き込む

 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、27日に行われた親善試合の横浜F・マリノス戦で強烈な先制ゴールと絶妙アシストを決め、3-1の勝利に貢献した。なかでも、自身“今季第一号”となった火の玉シュートは「Xファクター」「爆弾」と海外メディアを賑わせている。

 プレミア王者のシティは、イングランド代表FWラヒーム・スターリング、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ、ドイツ代表MFレロイ・サネを3トップで起用。中盤にはデ・ブライネ、元スペイン代表MFダビド・シルバ、新加入のスペイン代表MFロドリなど実力者が配置された。

 試合は前半18分に動く。シティは自陣エリア手前でチリ代表GKクラウディオ・ブラーボが前線へロングパスを供給。抜け出したB・シウバが巧みにボールを収めて仕掛けると、右サイドを一気に駆け上がってきたデ・ブライネへパスを送る。エリア内でボールを受けたデ・ブライネは右足でシュートを打つと見せかけて、華麗なフェイントで内側に切れ込むと、最後は左足を振り抜いてネットを揺らした。

 さらに1-1で迎えた前半40分、デ・ブライネが自陣エリア前からワンツーパスで前線に駆け上がる。リターンパスを受けて前方にトラップした次の瞬間、右足アウトサイドで相手3人の間を抜くスルーパスを通した。絶妙な回転がかかったボールは、全力で走り出したスターリングの足もとにピタリと収まり、そのままゴールを陥れている。

 最終的にシティは3-1と、横浜FM相手にプレミア王者の貫禄を見せつける形となったが、そのなかでもデ・ブライネの存在感は際立っていた。フランス誌「ONZE」は「この日のXファクター」と称え、ポルトガルメディア「Noticias ao Minuto」は「デ・ブライネはマーカーのロックを解くのに18分しか要さなかった」と伝えている。

 また、ポーランドのスポーツ情報サイト「WP SportoweFakty」は、「12メートルから“爆弾”、そして効果的なアシスト。デ・ブライネはマンチェスター・シティのヒーローだ」と取り上げている。

 昨季は負傷に悩まされる時期もあったデ・ブライネだが、来たる新シーズンに向けて仕上がりは順調なようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング