「長く活躍できると保証する」 グアルディオラ監督、横浜FM戦で称賛した新戦力は?

プレミア王者シティを率いるグアルディオラ監督【写真:石川遼】
プレミア王者シティを率いるグアルディオラ監督【写真:石川遼】

攻守両面で効果的な働きを見せた23歳ロドリに賛辞「インクレディブルだった」

 マンチェスター・シティは27日に日産スタジアムで横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利を収めた。ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが1ゴール1アシストの活躍を見せ、日本のサッカーファンに改めてその実力を見せつけた一戦となったが、指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は新戦力のスペイン代表MFロドリを名指しして「インクレディブルだった」と称賛した。その他の選手のパフォーマンスにも満足した様子を示している。

 試合会場となった日産スタジアムはこの日、キックオフ前の午後7時の時点で気温27.7度、湿度は76%と蒸し暑い気象コンディションだった。プレシーズンツアーでの長距離移動も重なるシティの選手たちにとっては、非常に厳しい状況下での一戦となった。

 結果的にはデ・ブライネの先制ゴールを皮切りに、イングランド代表FWラヒーム・スターリング、途中出場のFWルーカス・ネメヒャが追加点を奪ったシティが3-1で勝利。昨年のロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表を敗退に追い込むカウンターの起点になったデ・ブライネが、今回は日本のピッチで横浜FMイレブン相手にその実力を惜しげもなく披露した。

 横浜FMも非常に強度の高いプレーを繰り返して、シティを手こずらせたが、軍配はシティに上がった。

 試合後の記者会見では、グアルディオラ監督には選手個々のパフォーマンスについて質問が寄せられた。スペイン人指揮官は「ケビンはまたしても素晴らしい試合をした」とやはりデ・ブライネの貢献を真っ先に称えたが、それ以上に高い評価を与えたのが今夏の新戦力、ロドリだった。

「ロドリのプレーはインクレディブル(信じられないもの)だったよ。インクレディブルなホールディングMFで、ここで長く活躍できると保証するよ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング