「疲れています」 名将ペップ、真夏の日本開催に懸念も「メンタルをより良いところに…」

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:石川遼】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:石川遼】

強行軍のマンC、疲労はピークに… 「理想的ではない」

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、26日に日産スタジアムで記者会見を行った。27日の「EUROJAPAN CUP 2019」横浜F・マリノス戦を控えるなか、暑さの厳しい日本での戦いについて懸念を示したが、そのうえで、「メンタルをより良いところに持っていくのに最適だ」と試合に臨む姿勢を明らかにした。

 グアルディオラ監督率いるシティは24日に香港で同国1部傑志(6-1)と対戦し、25日夜に来日したばかり。27日に横浜FMと対戦し、その足で日本を発つという超ハードスケジュールをこなしている。

 指揮官は現在のチームの調子を問われ、開口一番に「疲れています」と応えた。さらに「CMやマーケティングなど試合以外の活動もしてきた。気象のコンディションも理想的ではない」と続け、疲労を抱えるなかで湿度も高く、暑さも厳しい日本での戦いに懸念を示していた。

 先日、グアルディオラ監督は代表戦も含めたサッカー界の過酷なスケジュールに対して、「選手を殺す気か!」と苦言を呈したと報じられていた。厳しい状況での戦いを強いられることは間違いないが、その一方で「いいチームと厳しいコンディションのなかで戦うことは、メンタルをより良いところに持っていくのに最適な方法だ」と前向きなコメントも残している。

 名将ペップが作り上げたプレミア最強のシティ。日本のファンもそのプレーを間近で見ることを心待ちにしている。疲労はピークに達しているなか、同じシティ・フットボール・グループの“姉妹クラブ”である横浜FMとのフレンドリーマッチで、どのような戦いを見せてくれるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(石川 遼 / Ryo Ishikawa)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング