「彼はまるでカメレオン」 レアル久保建英の“3大能力”をバルサ時代の恩師が絶賛

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

狭いスペースでの決断能力、様々なポジションへの対応力について言及

 FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに完全移籍したMF久保建英は、連日のように国内外のメディアから注目を集めているが、かつて久保のバルセロナ下部組織入りをサポートし、指導もしたオスカル・エルナンデス氏が日本人アタッカーの“3大能力”を絶賛している。米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」が報じた。

 久保は日本代表の一員としてコパ・アメリカ(南米選手権)で全3試合に出場し、合宿中の6月14日にレアル電撃移籍が決定。7月7日にスペインへ出発し、同20日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半頭からピッチに投入され、「背番号26」を背負った久保は“白い巨人”デビューを果たした。

 日本を発ってから3週間近くが経ち、「KUBO」の名前の認知度が日に日に高まっているなか、バルセロナ時代の恩師の1人と言えるエルナンデス氏が、米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」の取材で久保について言及。「彼には選手として優れた三つの資質がある」と分析した。

「狭いスペースでの素早い決断能力だ。チームメートのためにスペースを作り出し、空いたスペースへ動くスピードは素晴らしい」と指摘する同氏は、続けて久保の対応力も称えている。

「彼はまた多芸なプレーヤーであり、まるでカメレオンのようだ。基本的には右ウイングをベースとし、カットインを得意としている。その一方で中盤やフォワードとしてもプレー可能。さらに素晴らしい左足を持っている。局面において、アドバンテージの取り方を熟知しているんだ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング