レアル久保、なぜアーセナル戦不出場? ジダン監督の”意図”をスペインメディアが分析

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

ICCバイエルン戦で上々のデビューを飾ったなか、ジダン監督は久保とロドリゴを“温存”

 今夏にスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間20日(日本時間21日)のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で“白い巨人”デビューを果たした。期待が高まるなか、23日の同アーセナル戦(2-2/3PK2)はベンチスタートで最後まで出番がなかったが、スペインメディアはジネディーヌ・ジダン監督が久保とブラジル人FWロドリゴ・ゴエスを起用しなかった理由について言及している。

 今夏、FC東京からレアルへの移籍が決まった久保は、フベニールA(U-19)で選手登録されたが、Bチーム(カスティージャ/3部)が主戦場となる見込みで、トップチームでのプレーも期待されている。

 プレシーズンではトップチームの北米ツアーに帯同。20日のICC初戦バイエルン戦で後半頭からピッチに投入され、「背番号26」を背負った18歳の日本人アタッカーは“白い巨人”デビューを果たした。堂々たる45分間のプレーを見せたが、23日のアーセナル戦はベンチスタートのまま、最後まで出場機会が訪れなかった。。

 レアルを専門に追うメディア「Defensa Central」は、「ジダンがロドリゴと久保をプレーさせなかった理由」と題し、バイエルン戦でチーム唯一のゴールを決めたロドリゴと久保の“18歳コンビ”を起用しなかった背景を分析している。

 記事では、「プレシーズン初戦で良いプレーをしていた久保とロドリゴをアーセナル戦のピッチ上で見られないのは驚きだった」と触れ、出番なしに終わったことは“予想外”だったとした。一方で、この決定にはジダン監督のスタンスが大きく影響しているという。

「ジダンが監督として際立っているのは慎重さだ。バイエルン戦後、2人の若者にメディアの目が向けられ、彼は2人を温存することを選んだ。最近の久保とロドリゴに対する称賛は、ジダンが“冷凍庫”で冷やしておく(静観する)ように命じた反動と言えるだろう。ジダンは今日の賛美が明日は棒となることを知っているから、若きテクニシャンを守ったのだ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング