酒井高徳、J復帰の可能性に独紙注目 元HSVの神戸監督、地元紙で「検討中」と言及

DF酒井高徳の去就に注目が集まっている【写真:Getty Images】
DF酒井高徳の去就に注目が集まっている【写真:Getty Images】

フィンク監督は「経済的に実現可能かどうかに目を向けなければ」と“条件次第”を強調

 ドイツ2部ハンブルガーSV(HSV)の元日本代表DF酒井高徳は、今夏のJリーグ復帰が予想されるなど、その動向に注目が集まっている。そんななか、ドイツ地元紙「ハンブルガー・モルゲンポスト」は獲得が噂されるヴィッセル神戸のトルステン・フィンク監督のコメントとともに、日本移籍の可能性を論じている。

 ハンブルガーSVは2017-18シーズンのブンデスリーガ1部で17位となり、クラブ史上初の降格を経験。キャプテンも務めた酒井は新シーズンもチームに残る決断を下したが、結果は2部4位に終わり、1年での1部復帰は果たせなかった。

 リーグ最終戦で一部サポーターからブーイングを浴びたこともあり、今夏での退団が報じられている酒井について、「ハンブルガー・モルゲンポスト」紙は「HSVで厳しい時間を過ごしている」としたうえで、「彼は日本に戻るのだろうか?」と去就に注目している。

 同紙は元HSV監督で、現在は神戸で指揮を執るフィンク監督のコメントを紹介。「彼は我々が検討中の選手ではある」と認めつつ、「最終的には、我々が支払える金額がどうか、経済的に実現可能かどうかに目を向けなければならない」と語っており、条件次第との姿勢を示したという。

 HSVは酒井の他にも数人の選手の放出を画策していると記事では報じており、そのなかには日本代表MF伊藤達哉も含まれている。現地時間27日にはダルムシュタットとの開幕戦を迎えるなか、日本人選手たちはどのような道を辿ることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング