ジダン監督、“ベイル退団発言”の真意を説明 「誤解を引き起こしてしまっている」

ベイルはジダン監督の構想外だと報じられているが…【写真:Getty Images】
ベイルはジダン監督の構想外だと報じられているが…【写真:Getty Images】

ICCアーセナル戦に向けた会見に出席 「誰のことも軽視していない」と釈明

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督はウェールズ代表FWギャレス・ベイルの退団が近づいているとコメントし、これが代理人のジョナサン・バーネット氏の怒りを買った。ジダン監督は「誰のことも軽視はしていない」と発言の真意を明かした。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ベイルはジダン監督の構想外だと言われ、今夏の移籍市場で売却候補だと考えられている。古巣トットナムは期限付き移籍で獲得できる可能性を模索し、中国からは誰もが羨むような超高額の年俸のオファーが届いたが、ベイルの去就は未だ不透明なままだ。

 そうしたなかで、ジダン監督は20日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン・ミュンヘン戦(1-3)後に、「24時間以内か48時間以内かは分からないが、状況は変化するだろう」とベイルの動向について言及。近日中に移籍が決まる可能性を示唆していた。これに対して、ベイルの代理人であるバーネット氏は「レアルに対してこれだけのことをしてきた人間に対してあのようなことを言うなんて、ジダンは恥ずべきだ」と猛反発していた。

 騒動がより大きくなってしまったが、ジダン監督は「私のスペイン語のせいで誤解を引き起こしてしまっている」と釈明したうえで、「明確にしておきたい」と発言の真意を語っている。

「第一に、私は誰のことも軽視していない。特に選手たちに対してはそうだ。私は常に同じことを言っている。選手たちこそ最も重要で、私は常に選手とともにいる。二つ目、私はクラブが選手を売ろうとしていると言った。それ以上でも以下でもない。そして三つ目、ベイルは試合に出る準備ができていなかった。クラブが彼の将来を整理しようとしているなかで(試合に出ることを)望まなかったからだ。話を最初に戻そう。彼はレアル・マドリードの選手だ。何も変わったことはない」

 バイエルン戦にベイルが出場しなかったのは、それが本人の希望だったからだという。クラブがベイル放出の可能性を探っている一方で、ジダン監督は「私はベイルと一緒に働くことに不快さを感じていない。改めて、彼には期待している」と語っている。

 ベイルの移籍は、1700万ユーロ(約21億円)とも言われる高額年俸がネックとなっているが、今後の動きからも目が離せない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング