ブラジル代表DF、アトレチコ退団 移籍金“ゼロ”で母国の名門フラメンゴに移籍へ

ブラジル代表DFフィリペ・ルイス【写真:Getty Images】
ブラジル代表DFフィリペ・ルイス【写真:Getty Images】

フィリペ・ルイスが退団セレモニーに参加、アトレチコ“帰還”を誓う

 アトレチコ・マドリードを退団したブラジル代表DFフィリペ・ルイスは、ブラジルの名門フラメンゴと合意に達したようだ。スペイン紙「マルカ」は、33歳のベテランサイドバックが母国へ帰還することを伝えている。

 フィリペ・ルイスはブラジルのフィゲイレンセで2003年にプロデビューを果たし、アヤックス、現在日本代表MF久保建英が所属しているレアル・マドリードのカスティージャを経て、スペインの古豪デポルティボ・ラ・コルーニャに加入。元スペイン代表の名手DFジョアン・カプデビラの移籍後に台頭して活躍し、2010年にアトレチコに移籍した。2014年にはチェルシーへ渡ったが、1年後にはアトレチコへ復帰している。

 優勝した今夏のコパ・アメリカでもブラジル代表に選出されていたフィリペ・ルイスは、2018-19シーズン限りでアトレチコとの契約が満了。単年契約による残留を望んだようだが、クラブは新しいオファーを提示せず、動向が注目されていた。

 そして、最終的には15年ぶりとなる帰国を選択。幼少期からのファンだったというフラメンゴと合意に達し、2年契約を結ぶことになると「マルカ」紙は伝えている。また、ブラジルへの帰還を決めたことに関して、「人生で最も難しい決断だった」と語ったという。

 アトレチコの本拠地であるワンダ・メトロポリターノで退団セレモニーを行ったフェリペ・ルイスは、「今日は幸せな日」とコメント。「今日はサッカー選手としての別れであり、将来的にはここへ戻ってくるでしょう」と、選手引退後に“心のクラブ”であるアトレチコへの復帰を誓った。

 新天地へ移るためブラジルへ帰国するフェリペ・ルイス。現地時間22日にフラメンゴとの契約書にサインする予定となっているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング