久保建英がレアルデビュー! 2人翻弄の圧巻タッチ、“ファーストプレー”に会場騒然

デビューを果たしたMF久保が鮮やかなファーストタッチを見せた【写真:Yukihito Taguchi】
デビューを果たしたMF久保が鮮やかなファーストタッチを見せた【写真:Yukihito Taguchi】

バイエルン戦の後半から途中出場、白い巨人の26番として堂々たるプレー

 レアル・マドリードは現地時間20日(日本時間21日)に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦に臨み、今夏移籍した日本代表MF久保建英は後半から投入されると、鮮やかなファーストタッチを見せた。

 試合は前半15分、バイエルンのMFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったMFコランタン・トリッソのシュートは一度GKティボー・クルトワが止めたものの、こぼれ球を再びトリッソに押し込まれ、バイエルンに先制点を献上した。
 
 0-1と劣勢のなか、ジネディーヌ・ジダン監督は久保の投入を決断。「背番号26」の久保がピッチに送り出され、“白い巨人”でのデビューを飾った。

 久保はキックオフ直後、ハーフウェーライン付近から入った縦パスに反応。右足でトラップすると、瞬間的に相手2人に囲まれる形となるも、左足で巧みにボールを動かして相手を一気に置き去りにするドリブルを披露した。そのまま左サイドを駆け上がってクロスを送り込んだが、これは精度を欠いて相手GKにキャッチされている。

 その後も冷静なボールタッチで攻撃の起点になり、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスなどを導くプレーを披露。レアルデビュー戦で堂々たる存在感を放ったが、試合は1-3で敗れた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング