レアル久保建英、“超絶トラップ”の反響拡大 「みんなが口を開けて驚嘆」「誰もが称賛」

圧巻のテクニックに海外メディアも賛辞「クボの驚くべき華美」

「クボはラウール・ゴンザレス監督率いるカスティージャの選手となるが、トップチームの一員になりたいというのを練習で示している」

 6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で歴代2番目の若さとなる18歳5日で代表デビューを飾った久保は、同月のコパ・アメリカ(南米選手権)にも出場。その期間中だった同16日にレアル電撃移籍が決まるなど、一気に階段を駆け上がってきた。そんな久保が連日のように注目を浴びており、前日練習でのワンプレーも大きく取り上げられ、「バイエルン戦の前に素晴らしいプレーで驚かせた」と称えられている。

「18歳はカルバハルからのロングパスを受け、コントロールし、味方にパスを通した。ベイルがゴールを完結させられなかったが、誰もがこの日本人を称賛した」

 レアル公式YouTubeチャンネルでは、久保の股下トラップも収録した前日練習の動画を公開。スペイン紙などもこぞって日本人アタッカーの超絶スキルを伝えており、久保のテクニックに多くの人が度肝を抜かれたようだ。

 バイエルン戦でデビューを果たし、世界的名門で大きな一歩を踏み出した久保。アーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とプレシーズンマッチが続くなか、18歳の日本人アタッカーは評価をさらに高めることができるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング