レアル久保建英、ライバルFWに強烈タックルお見舞い “本気プレー”にファン驚嘆

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Football ZONE web】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Football ZONE web】

バイエルン戦の前日練習で激しい攻防、FWヴィニシウスの足を刈るようなタックル

 スペインの名門レアル・マドリードは北米ツアーを敢行しており、現地時間20日(日本時間21日9時)にドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンとプレシーズンマッチ初戦に臨む。19日の前日練習では、トップチームに帯同している日本代表MF久保建英がライバルFWに強烈タックルをお見舞いするシーンもあり、クラブ公式YouTubeチャンネルが一部始終を捉えた映像を公開している。

 チームは米テキサス州ヒューストンに入り、19日にバイエルン戦へ向けた前日練習を実施。NFLヒューストン・テキサンズの本拠地NRGスタジアムで、パス回しやミニゲームなどを行った。ハーフコートのゲームでは、選手たちが2チームに分かれて対戦。久保はベルギー代表MFエデン・アザールやウェールズ代表FWギャレス・ベイルらと同じグループとなったなか、攻撃だけでなく、守備でも注目を集めた。

 各国の代表クラスが球際で激しさを見せるなか、久保はブラジル代表にも招集されたFWヴィニシウス・ジュニオールと攻防を繰り広げる。ヴィニシウスがボールをキープし、鋭いターンで前を向こうとした矢先、素早く体を寄せたのが久保だった。ターンの瞬間、久保が足を伸ばしてタックル。ボールは間を通り抜けたが、ヴィニシウスの足を刈るような形となり、そのままピッチに倒れ込んだ。

 数人の選手がすぐたま手を挙げてファウルをアピールし、プレーも一時中断。久保は倒したヴィニシウスに近寄ると、すまないとばかりに手を出して体に触れている。最終的に久保のタックルがファウルと認定され、ヴィニシウスのリスタートでゲームが再開した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング