湘南、気迫のスーパークリア2連発! 大ピンチでアクロバティックな超絶プレー披露

湘南DF山根視来【写真:Getty Images】
湘南DF山根視来【写真:Getty Images】

後半2分にフレイレ、同3分に山根が決死のスーパークリア

 J1湘南ベルマーレは20日、リーグ第20節で北海道コンサドーレ札幌とのアウェー戦に臨み、2-5の大敗を喫した。最終的には点差が開く形になってしまったが、1-2の1点差で迎えた後半開始早々に気迫のディフェンスを見せ、北海道まで駆けつけたサポーターを盛り上げた。

 湘南は第13節から5連敗を喫していたが、第18節名古屋グランパス戦に2-0と勝利して連敗ストップ。第19節ヴィッセル神戸戦を3-1と制し、連勝して札幌とのアウェー戦を迎えていた。

 試合は前半18分、21分に失点し、2点のビハインドを背負うなか、同36分にDF大野和成が反撃の1点を挙げて1-2で前半終了。1点差の状況から追いつき、逆転まで持ち込むべく、後半に突入したが、札幌に攻め込まれる展開となった。

 後半2分、札幌MF白井康介のクロスをMF荒野拓馬に合わせられ、GK秋元陽太が弾いたものの、ボールはゴールの方向へ。しかしDFフレイレがゴールライン手前で必死のスライディングを見せて失点を防ぐと、直後の同3分にもスーパークリアが生まれる。

 荒野のスルーパスに抜け出した日本代表FW鈴木武蔵が秋元の頭上を破るループシュートを放ったが、今度はDF山根視来がゴールライン上でアクロバティックなクリアを披露。ギリギリのプレーで1点差を維持した。

 その後、後半26分に元イングランド代表FWジェイにゴールを割られてからは立て続けに失点し、最終的に5失点となった湘南だが、波状攻撃を防ぐ気迫のスーパークリア2連発によって、戦う姿勢はしっかりと示してみせた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング