マンU、“DF史上最高額タイ”102億円で獲得へ 英代表DFマグワイア移籍成立に近づく

レスターDFマグワイア【写真:Getty Images】
レスターDFマグワイア【写真:Getty Images】

スールシャール監督が熱望するCB レスター監督、同僚に移籍希望明かす

 レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアが、ついにマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決断したようだ。DF史上最高額タイの7500万ポンド(約102億円)での移籍が近づいていると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

 ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ前監督が率いた昨季から、マグワイアの獲得に動いていた。長く交渉を続けてきたが、ついにマグワイア自身が移籍希望を明らかにしたようだ。記事によれば、レスターのブレンダン・ロジャーズ監督やチームメートにも移籍したいと伝えているという。

 レスターはマグワイアが移籍希望を明らかにしない限り、売却はしないとの方針だったが、ついにその時が訪れたようだ。伝えられている移籍金は7500万ポンドで、これは2018年1月にサウサンプトンからリバプールへ移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクに並ぶDF史上最高額であり、新たなビッグディール成立が実現しそうだ。

 ユナイテッドは今夏、U-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの獲得に4500万ポンド(約61億円)を投じており、急務とされる守備陣の強化に力を入れている。オレ・グンナー・スールシャール監督が熱望するマグワイアを加え、強固な守備ブロックを築こうとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング