ユーベ、仏代表MFポグバからターゲット変更? “200億円超”で狙うのはレアルのみか

ユーべが獲得を断念したと伝えられたマンUのFWポグバ【写真:AP】
ユーべが獲得を断念したと伝えられたマンUのFWポグバ【写真:AP】

古巣ユベントスが獲得に乗り出すも、“ポグバ獲得競争”から撤退と英紙報道

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバを追っていた古巣ユベントスが補強ターゲットを変更し、ポグバ獲りを諦める決断を下したようだ。英紙「デイリー・メール」が伝えている。

 ポグバは今オフ、ユナイテッドを出て新たな挑戦をしたいとの意思を明確にしており、同クラブ退団を希望。レアル・マドリードのほか、ユベントスもポグバ獲得に乗り出しており、ポグバ自身も2012年から16年まで過ごした古巣への復帰を可能性の一つとしていた。

 しかし、ユベントスのパベル・ネドベド副会長はポグバの代理人であるミノ・ライオラ氏に対して、中盤選手のターゲット変更を伝え、ポグバ獲得の意思がないことを明確にしたという。

 ユベントスは今夏、アーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス人MFアドリアン・ラビオを獲得し、中盤の補強に着手。さらに、フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの加入が濃厚となっている状況だ。

 ユベントスがポグバから手を引き、現在同選手を狙っているクラブはレアルだけとなった。「デイリー・メール」紙は「ユナイテッドとの交渉で、レアルがフリーランニング状態」と報じ、同クラブの独壇場となったことを伝えている。

 ポグバ獲得には1億5000万ポンド(約203億7000万円)が必要とされ、1億8000万ユーロ(約220億円)にまで高騰する可能性もあるという。このままレアルがポグバ獲得に踏み切るのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング