久保建英は「銀河系」 熱烈フィーバーに海外驚嘆「スポットライトの大部分を独占」

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】

カナダ初日の練習では、クロースからパスを受けてベンゼマのゴールを鮮やかにアシスト

 スペインの名門レアル・マドリードは北米遠征のためカナダ入りし、現地時間10日からトレーニングを行っている。今夏にFC東京から電撃加入した日本代表MF久保建英も、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやクロアチア代表MFルカ・モドリッチらスター選手に交じり汗を流しているが、スペインメディアは「久保が銀河系になる」とその注目度の高さに熱視線を送っている。

 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。同月のコパ・アメリカ(南米選手権)でも全3試合に出場し、ブラジルの地でレアル移籍が決まった。

 久保は新シーズン、レアルB(カスティージャ)でスタートを切るが、トップチームの北米遠征メンバー29人に選出。バイエルン・ミュンヘン(20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに臨む。

 レアルの公式サイトでは、10日に行われた遠征初日の練習の模様を写真と動画でアップ。ミニゲームでは、ドイツ代表MFトニ・クロースにスペースへの縦パスを要求すると、周囲からスペイン語で「ターン!」と声が飛ぶなか、トラップして反転し、ゴール中央へ飛び込んできたベンゼマに横パスを供給して早速ゴールを演出した。

 現地に日本人メディアが多数駆け付けるなど、“久保フィーバー”は続いているが、その勢いには海外メディアも驚きのようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング