レアル久保、仏代表FWベンゼマのゴール演出でアピール クラブが初日練習の映像公開

錚々たるメンバーに交じってメニューを消化するMF久保建英【写真:Kyodo News/Getty Images】
錚々たるメンバーに交じってメニューを消化するMF久保建英【写真:Kyodo News/Getty Images】

クロースからパスを受け、華麗なターンからアシスト アザール相手に守備も披露

 スペインの名門レアル・マドリードは、北米遠征のためカナダ入りし、トレーニングをスタートしている。FC東京から移籍した日本代表MF久保建英も、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやクロアチア代表MFルカ・モドリッチら錚々たるメンバーに交じってメニューを消化。クラブ公式サイトでは、新加入のベルギー代表MFエデン・アザールに相手に守備をする様子や、元フランス代表FWカリム・ベンゼマのゴールを演出する動画も公開され、期待感は高まっている。

 8日にスペインの首都マドリードで始動したレアルは、翌9日に北米遠征のためカナダへ出発。10日には早速モントリオールで初練習を行った。S・ラモスやブラジル代表DFマルセロ、ベンゼマらスター選手に交じり、今夏にFC東京から移籍した久保がランニングする様子はクラブ公式YouTubeチャンネルでも公開された。

 クラブ公式サイトでは、別途初日の練習の模様を写真と動画でもアップしている。ミニゲームでは、ドイツ代表MFトニ・クロースにスペースへのパスを要求すると、周囲からスペイン語で「ターン!」と声が飛ぶなか、トラップして反転し、ゴール中央へ飛び込んできたベンゼマに横パスを供給してゴールを演出。ネットが揺れた瞬間には拍手も起こった。また、フォトギャラリーではドリブルするアザールに対して守備につくシーンも捉えられている。

 カナダ2日目の11日はあいにくの雨模様も、クラブ公式ツイッター日本語版が公開した動画では、久保がパス練習に取り組む姿からスタート。世界的なスター選手たちに交じり、充実の時間を過ごしているようだ。

 7月20日にバイエルン(ヒューストン)、23日にアーセナル(ワシントンDC)、26日にアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)と対戦するプレシーズンマッチで、デビューの瞬間は訪れる可能性もあるかもしれない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング