「経験値への信頼」 横浜FC加入の中村俊輔、“キング・カズ”との共演に英メディア注目

(左から)FW三浦知良、MF中村俊輔【写真:Getty Images】
(左から)FW三浦知良、MF中村俊輔【写真:Getty Images】

横浜FC加入が決定した41歳の中村は「クラブの最年長でさえない」と英公共放送が言及

 元日本代表MF中村俊輔は11日、J1ジュビロ磐田からJ2横浜FCへと完全移籍が決定。日本屈指のレフティーの新たな挑戦に、英メディアは「経験値への信頼を貫いた」と取り上げ、元日本代表FW三浦知良との共演について注目している。

 中村は2005年にスコットランド王者セルティックに加入すると、左足のFKで世界に名を轟かせた。エスパニョールを経て、10年に横浜F・マリノスに復帰し、13年にはJリーグ年間MVPも受賞。そして、17年に磐田への移籍を決断した。

 1年目はリーグ戦30試合に出場するも、18年以降は怪我に苦しみ、今季もリーグ戦出場は2試合のみ。チームは最下位に沈み、6月30日には中村の獲得を直接要望していた名波浩監督が辞任を発表していた。

 シーズン途中での横浜FC移籍に、英公共放送「BBC」は「41歳の中村が、52歳の三浦知良が在籍する横浜FCに加入」と見出しを打ち、「横浜FCは、サッカー界で最年長のアタッカーを揃えるうえで、経験値への信頼を貫いた」と言及。中村が41歳とベテランであることを伝えた一方で、「それでも彼はクラブの最年長でさえない」と52歳でクラブと契約延長した“キング・カズ”の名を挙げている。

 J1にとどまらず、スコットランドリーグやUEFAチャンピオンズリーグで歓喜を起こしてきた黄金の左足は、J2の舞台でも火を噴くことになるのか。海外からも注目が集まりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング