鹿島DF、衝撃ロングシュート弾の反響拡大 スペイン紙感嘆「ロベルト・カルロス?」

鹿島DF小池裕太【写真:Getty Images】
鹿島DF小池裕太【写真:Getty Images】

鹿島DF小池、Jリーグ出場3試合目で生まれた磐田戦のプロ初ゴールに海外着目

 鹿島アントラーズの22歳DF小池裕太は、6日に行われたJ1リーグ第18節ジュビロ磐田戦(2-0)で、Jリーグ3試合目でプロ初ゴールを挙げた。タッチライン際からの超絶ロングシュートには海外から称賛の声が上がるなか、スペインメディアは「ロベルト・カルロスか?」と“悪魔の左足”の異名を取ったブラジル代表のレジェンドDFの名前を引き合いに出し、驚きを持って報じている。

 小池は今年3月、ベルギー1部シント=トロイデンから鹿島に期限付き移籍。6月14日のJ1第15節セレッソ大阪戦(2-0)に途中出場してJリーグデビューを果たすと、第17節のサンフレッチェ広島戦(2-2)で初スタメン。磐田戦では左サイドバックで2試合連続先発を飾った。

 前半29分、鹿島が左サイドでFKを獲得し、小池が放り込んだクロスにMFレアンドロが反応。わずかに触ってコースが変わり、相手DF新里亮がヘディングでクリアを試みるも、そのボールは磐田のゴールネットを揺らした。

 鹿島がオウンゴールで先制したなか、前半40分に驚くべきゴールが生まれる。鹿島MF白崎凌兵の浮き球スルーパスに小池が反応し、左サイドのタッチライン際を駆け上がる。相手DFと競り合いながらボールの落下地点に入ったなか、バウンドしたボールを左足で思い切り良くミート。中央へのクロスボールかと思われたが、ボールは絶妙な軌道を描いて磐田ゴールへ向かい、相手GKカミンスキーも驚いた様子で手を伸ばしたが止められず。小池の豪快な一撃がサイドネットに突き刺さった。

 22歳DFのロングシュートを海外メディアもすぐさま報じたなか、引き合いにブラジルが誇るレジェンドDFが出されるまでに反響は拡大している。

 スペイン紙「AS」公式ツイッターは、ゴール動画とともに「ロベルト・カルロスか?」と投稿。長年、スペインの名門レアル・マドリードでプレーし、左足から繰り出す弾丸シュートで“悪魔の左足”の異名を取った元ブラジル代表DFロベルト・カルロスを引き合いに出し、驚きを持って報じている。

 まだプロとしてスタートを切ったばかりの小池だが、ロベルト・カルロスに近づけるように着実に研鑽を積んでいきたいところだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング