【4日の移籍動向】アトレティコで“大型移籍”連発! 19歳FWを153億円で獲得、司令塔を85億円で売却

(左から)MFロドリ、FWフェリックス【写真:Getty Images】
(左から)MFロドリ、FWフェリックス【写真:Getty Images】

フェリックスは10代として歴代2位の高額移籍 ロドリはマンC史上最高額の移籍金

 スペイン1部のアトレティコ・マドリードは、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを7年契約で獲得したと発表した。

 2018-19シーズンにトップチーム入りを果たした19歳の新星は、リーグ第2節ボアヴィスタ戦(2-0)でデビューすると、続く第3節のスポルティングCP戦(1-1)で初ゴールをマーク。第16節リオ・アヴェ戦(4-2)で2得点を決めて以降はスタメンに定着し、シーズン15得点7アシスト、4月にはUEFAヨーロッパリーグ準々決勝のフランクフルト(ドイツ)との第1戦で、史上最年少(19歳153日)ハットトリックを達成した。

 大ブレイクを果たした新星は、たちまちヨーロッパ中のビッグクラブが狙う超人気銘柄となったが、争奪戦を制したのはアトレティコ・マドリードだった。その移籍金は1億2600万ユーロ(約153億円)で、今夏の移籍市場ではトップの金額であり、10代の選手としてはモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)へ1億3500万ユーロ(約164億円)で移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペに次ぐ歴代2位となった。

 一方、そのアトレティコからプレミアリーグ王者マンチェスター・シティに移籍したのが、スペイン代表MFロドリだ。23歳のセントラルMFは、190センチを超える身長ながら足もとの技術に長けており、安定感のあるゲームコントロールを見せることから、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツと比較される逸材だ。ジョゼップ・グアルディオラ監督もその才能を高く評価し、クラブ史上最高額となる7000万ユーロ(約85億円)の契約解除金が支払われたようだ。

 また、スペイン1部のセビージャは、フランス1部ボルドーに所属するU-20フランス代表DFジュール・クンデを5年契約で獲得したと発表した。移籍金は2500万ユーロ(約30億円)でクラブ史上最高額となっている。

【その他、4日の主な移籍動向】
<イングランド/プレミアリーグ>
■マンチェスター・シティ
DF アンヘリーノ PSV(オランダ1部)から完全移籍

■レスター
FW アジョゼ・ペレス ニューカッスルから完全移籍

■シェフィールド・ユナイテッド
MF ルーク・フリーマン QPR(英2部チャンピオンシップ)から完全移籍

<ドイツ/ブンデスリーガ>
■フランクフルト
DF エリック・ドゥルム ハダースフィールド(英2部チャンピオンシップ)から完全移籍

<スペイン/ラ・リーガ>
■アトレティコ・マドリード
MF エクトル・エレーラ ポルト(ポルトガル1部)退団後、フリートランスファーで加入

■セビージャ
FW ルーカス・オカンポス マルセイユ(フランス1部)から完全移籍

■ビジャレアル
DF ラウール・アルビオル ナポリ(イタリア1部)から完全移籍

<イタリア/セリエA>
■ユベントス
GK ジャンルイジ・ブッフォン PSG(フランス1部)退団後、フリートランスファーで加入

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング