アトレティコ、グリーズマンの後釜に同胞FWラカゼットへ熱視線 代理人との交渉開始か

アーセナルFWラカゼット【写真:Getty Images】
アーセナルFWラカゼット【写真:Getty Images】

シメオネ監督は新たなゴールゲッターを探し、アーセナルのFWラカゼットが候補に浮上

 アトレティコ・マドリードが今夏に退団するエースのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後釜として、アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットに狙いを定めているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 2014年からアトレティコでプレーしてきたグリーズマンは今夏の退団をすでに発表済みで、バルセロナへの移籍が確実視されている。ディエゴ・シメオネ監督はグリーズマンに代わる新たなゴールゲッターを探している。

 そこで浮上しているのがアーセナルの快速FWラカゼットだ。英紙「エクスプレス」では、契約を3年残すラカゼットには移籍の可能性があると報じており、現地時間2日には代理人を交えた話し合いが行われているという情報もある。今季公式戦19得点を決めたラカゼットは能力的にも申し分なさそうだ。

 アーセナルは今季プレミアリーグで5位に終わり、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得ることはできなかった。そのことがラカゼット移籍の後押しとなる可能性もある。同胞グリーズマンに代わるエースとして、スペインへ渡ることになるのだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 白熱の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング