マンCがクラブ史上最高額の85億円でロドリ獲得へ ペップ待望の「新たなブスケッツ」

シティへの移籍が報じられるMFロドリ【写真:Getty Images】
シティへの移籍が報じられるMFロドリ【写真:Getty Images】

今週中にも正式発表 コーチのアルテタ氏も絶賛「ブスケッツによく似ている」

 マンチェスター・シティがアトレチコ・マドリードからスペイン代表MFロドリことロドリゴ・エルナンデスを、クラブ史上最高額の6200万ポンド(約85億円)で獲得することになったと、英紙「デイリー・ミラー」などが一斉に報じている。“新たなブスケッツ”と呼ばれ、ジョゼップ・グアルディオラ監督が求めた新司令塔の獲得は今週中にも正式発表となるようだ。

 ロドリは2018年にビジャレアルからアトレチコに加入。すでにスペイン代表デビューも果たしており、これからの飛躍が期待されるセントラルMFだ。そのプレースタイルからバルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツと比較され、その後継者と見込まれている。

 今夏にグアルディオラ監督がプライオリティーを置いていたロドリの移籍金は6200万ポンドと伝えられ、レスターから昨夏引き抜いたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの6000万ポンド(約83億円)を抜いてクラブレコードになる見込みだ。期待の大きさがうかがえる。

 また、英紙「ザ・サン」ではグアルディオラ監督の下でアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏のコメントが紹介されている。同氏はロドリがブスケッツとよく似た選手であることを認め、同じく元スペイン代表のMFシャビ・アロンソやシャビ・エルナンデスのような影響力を持つ選手になれる素質の選手だと絶賛している。

「ロドリはブスケッツによく似ているよ。ほんの一握りの選手の中には一人で試合を読むことができる。そういった選手たちは試合の筋書きを予測し、メンタル的にも安定していて、ピッチ上の監督になることができる。シャビ・アロンソやシャビ・エルナンデスのようにね」

 グアルディオラ監督待望の司令塔を補強し、プレミアリーグ2連覇中のシティがさらに盤石な態勢を整えようとしている。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 白熱の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング